FXの買いポジションと売りポジションとは?

FXではある通貨を売って別の通貨を買うわけですから、買いポジションと売りポジションと言っても、便宜上のもので、どちらのポジションも買いと売りとの両方をしているのです。
例えばユーロドルの買いポジションというと、ドルを売ってユーロを買っているという状態を指します。
通貨を二つ並べて表現しますが、買いポジションの場合には最初に書いた通貨を買って、後ろに書いた通貨を売る事になります。
例えば、ユーロポンドの買いポジションと言えば、ユーロを買ってポンドを売った状態の事を指すのです。
売りの場合には逆です。
ユーロドルの売りポジションと言ったときには、ユーロを売ってドルを買っている状態の事を指します。
多くの金融資産はお金で何か他のものを買ったり売ったりするわけですが、FXでは通貨で通貨を買ったり売ったりしますから、通貨を買う時には別の通貨を売らなければならないのです。
ですから、ドル円を買うと言った場合には、円を売ってドルを買うという意味なのです。
なぜ円ドルではなくてドル円なのかというと、これは習慣的なものであるとしか言えないでしょう。
ただし、他の金融資産と同じように売買しやすくするための工夫がなされています。
例えば買いポジションを持った場合には、チャートが上昇すれば利益が出ると言うように、株式などのチャートと同じように見るようにできているのです。
このような表現を嫌って、買いの事を「ロング」、売りのことを「ショート」と呼ぶ人もいますが、呼び方を買えたとしてもたいした違いはないでしょう。